藤沢涼×高嶋美里!普通の人が1億円作る為の設計図 無料プレゼント!

「関東のお伊勢様」として江戸庶民に親しまれた芝大神宮

旅行

「関東のお伊勢様」として江戸庶民に親しまれた芝大神宮
  • 次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ
  • 5つ星ホテルが2つ星の価格で!?高級旅行が世界最安値保証で楽しめる会員制旅行クラブ
憧れだったあのセレブ旅行こんなに安く楽しめるなんて!最安値保障!

御由緒

 芝大神宮は、伊勢神宮の御祭神、天照大御神(内宮)、豊受大神(外宮)の二柱を主祭神としてお祀りしています。御鎮座は遠く平安時代、寛弘二年(1005年)一条天皇の御代に創建された由緒あるお社です。
 古くは、飯倉神明宮、芝神明宮と称され鎌倉時代においては、源頼朝公より篤い信仰の下、社地の寄贈を受け、江戸時代においては、徳川幕府の篤い保護の下に社頭はにぎわい大江戸の大産土神として関東一円の庶民信仰を集め、「関東のお伊勢さま」として数多くの人々の崇敬を戴きました。その当時の賑わいは、広重の錦絵に窺うことができます。
 その後の当宮の社史をみますと、明治、大正、昭和初期の関東大震災、太平洋戦争の激動期においても、数多くの苦難にも耐えて氏子並びに崇敬者に支えられ現在の御社殿に至ります。(公式サイトより)

出典 http://jinjamemo.com

例祭では生姜が授与されるため、「生姜祭り」とも称された。
当宮が創建された頃、周辺には生姜畑が繁茂していたため、これを神前に供えたと伝わる

現在は御朱印をいただくと生姜飴が付いてくるとのこと

この日は結婚式が執り行われていました。新郎新婦共にとても幸せそうでした☆

階段下にも賽銭箱があり、御御足の悪い方はこちらでの参拝ができる

芝神明と称された関東のお伊勢様

東京都港区芝大門に鎮座する神社。
旧社格は准勅祭社、その後に府社。
現在は東京十社のうちの一社に数えられる。
かつては「芝神明」と称され、今でも一部崇敬者はそう呼ぶ事がある。
関東における伊勢信仰の中心的な役割を担い「関東のお伊勢様」と呼ばれる事もある。

出典 http://jinjamemo.com

手水舎は昭和四十一年(1966)の例大祭の際に、氏子崇敬者によって寄進されたもの

御籤掛・絵馬掛

度重なる火災で焼失した本殿は1964(昭和39年)年9月12日に再造営が完了した

主祭神:天照皇大御神・豊受大御神   相 殿:源頼朝公・徳川家康公

伊勢神宮を勧請し創建・源頼朝による寄進

社伝によると、寛弘二年(1005)に「伊勢神宮」の内外両宮を勧請して飯倉山に創建と伝わる。
当初は「神明」と称していたが、飯倉山(現・芝公園)に鎮座していた事から「飯倉神明」とも称された。

飯倉山(いいぐらやま)とは、現在の港区芝公園一帯。芝丸山古墳という5世紀前後の前方後円墳が発掘されており、当宮は飯倉山の丸山に創建したと伝わり、古くから聖地とされた古墳の上に勧請されたものと推測できる。
元暦元年(1185)、源頼朝が神領を寄進。
建久四年(1193)、再び源頼朝が自ら参詣した上で、1300余貫の地を神田として寄進したと伝わる。

出典 http://jinjamemo.com

お百度石

現在地へ遷座・徳川将軍家からの庇護

慶長三年(1598)、徳川菩提寺である「増上寺」が、江戸城の拡張に伴い、現在地の芝(現・芝公園)へ移転。

江戸城の裏鬼門に当たる芝に「増上寺」を移転。
鬼門に当たる上野に「寛永寺」を創建している。
鬼門と裏鬼門を菩提寺に守護させたのが分かる。
飯倉山(現・芝公園)に鎮座していた当宮は、「増上寺」の移転に伴い現在の鎮座地(現・芝大門)へ遷座。
かつての「飯倉神明」とも「芝神明」とも称されるようになる。

慶長五年(1600)、関ヶ原の戦いに際し、徳川家康が当宮に社参して戦勝祈願。
慶長十九年(1614)・慶長二十年(1620)、大阪の陣(大阪冬の陣・夏の陣)では、徳川方の戦勝祈願をするべく、二代将軍・徳川秀忠の正室・お江の方(崇源院)の代参として、春日局が社参をしている。

春日局(かすがのつぼね)は、二代将軍・徳川秀忠の嫡子・竹千代(後の三代将軍・徳川家光)の乳母で、江戸城大奥の礎を築いた人物。
以後、歴代の徳川将軍家より庇護を受けた。
江戸市中の度重なる火災により、社殿は幾度も焼失をしているが、その都度幕府により再建が行われている。

出典 http://jinjamemo.com

社務所

め組の喧嘩の舞台

文化二年(1805)、当宮境内で勧進相撲が行われた際、町火消し「め組」の鳶職と江戸相撲の力士たちの乱闘事件が発生。
これが後に講談・歌舞伎・芝居・錦絵などの題材とされた『め組の喧嘩』である。

当宮の境内で、勧進相撲が開かれた時、木戸御免と呼ばれる無料入場が認められていた町火消し「め組」 の鳶職2人が、町火消し以外の仲間の1人を連れて中へ入ろうとするが、町火消し以外の仲間の分も無銭で入ろうとしたため、相撲小屋木戸番の力士に咎められ言い合いになる。
力士の助っ人もあったため鳶職側が折れ、相撲見物を諦め、代わりに当宮境内で行われていた芝居小屋へ向かったところ、芝居小屋でも力士を見つけ、先程の腹いせに野次り恥をかかせ、怒った力士が鳶職を投げ付け、芝居を滅茶苦茶にしてしまう。
火消しの頭や相撲の年寄の仲裁もあり、一旦は収まりかけたが、同部屋の力士が復讐をたき付け、部屋から力士仲間を応援に呼び集め、茶屋で飲んでいた鳶職たちに殴り掛かる。鳶職たちは火の見櫓に上り、半鐘を乱打し加勢の仲間を集めたので、喧嘩の輪が広がっていき、4時間あまり続く大騒動になり、遂には与力、同心が出動して乱闘に割って入り、火消しと力士合計36人が捕縛された。
庶民の注目を集めたのは事後処理の裁き方。
町火消しは町奉行、相撲側は寺社奉行、それぞれ管轄が違っていたためで、更には農民の訴訟を取り扱う勘定奉行も乗り出す事となる。
評定所の基本的な構成員である三奉行が1つの裁判に関与するのは、極めて稀な事だった。
結果、火消し側に厳しい裁定が出て、相撲側には甘い裁定となった。
事件の発端が 「め組」 の鳶職にあった事と、火事以外に叩くことを禁じられていた半鐘を喧嘩のために打ち鳴らして騒動を大きくした罪に問われたからである。
しかしながら、死罪などで罰せられるものはなく、全体的にそこまで厳しく問われる事がなかった。
これは当時の南町奉行・根岸肥前守鎮衛が「芝神明の半鐘が勝手に鳴り出したのが喧嘩の原因である」と断罪し、人ではなく半鐘に 「遠島」(島流し)を申し付けると云う粋な計らいをしたためと伝わる。

出典 http://jinjamemo.com

拝殿から望む鳥居、参道。この先は国道15号の第一京浜が通っています

貯金塚の石碑、大黒天

祈祷殿入口

本日も参拝させていただきありがとうございました。🙏

日本で一番簡単にビットコインが買える取引所 coincheck bitcoin

世界中の高級リゾートホテルを無料で利用できる、秘密の方法を見る。
1
  • 稼げる無料ブログ Dreamers! 今すぐ始めよう
  • キュレーションサイトが無料で作れる!今すぐDreamersを始めよう
今すぐビットコインを手に入れるたった2つの方法

関連記事

ピックアップ!

ピックアップ!

Dreamers!でお小遣い稼ごう 今すぐ無料登録

カテゴリー

月別アーカイブ

次世代型キュレーションブログ!DREAMERS!無料作成はコチラ